弁護士と司法書士は仲が悪い?

司法書士が行える仕事が拡大し、簡易裁判における弁護活動が可能になりました。これによって債務整理や自己破産の手続きができるようになり、それを専門とした司法書士も出てきました。

遺言公正証書

それを考えた時、顧客側としては選択の幅が広がったと考えられますが、弁護士からしてみたらどうなのでしょうか。簡単に言えば、自分のできる仕事を奪われたようなものです。奪うという言い方は良くないかもしれませんが、自分の畑に他人が突然入ってきて、僕もここで働くからと言っているようなものですし、いい気分はしないのではないでしょうか。弁護士は司法書士に仕事を荒らされ、この二つの職業は仲が悪いのではないかという邪推もできますね。

ハウジングオフィス|住居情報 |日本独特の制度「連帯保証人」

実際のところ、司法書士に行える仕事内容には制限があります。訴訟の額が140万円を超えてしまうと、司法書士は何もできません。法律のプロである弁護士なら、制限もなく最後まで仕事を共にできます。その分司法書士は費用が少し安く設定されているところもあります。司法書士が弁護士と同様の仕事ができるようになったとはいえ、あくまでその道のプロは弁護士です。そう考えると、弁護士からしてみたら「司法書士は普段こっちが手を回してられないような、細かい仕事をやってくれる」という認識も、少なからずあるのではないでしょうか。金にならない仕事と言っては言い方が悪いですが、弁護士だって仕事です。利益が大きかったり内容の濃いものを仕事として請け負いたいという気持ちは、絶対にあるはずですからね。

司法書士 郡山

実際のところ個人個人がどう思っているか知りませんが、お互いが尊重しあい、やれる内容を手分けして、業界の更なる発展に繋げて欲しいものですね。