サプリメントでコラーゲンを摂るということ

最近では居酒屋などでもコラーゲン鍋を提供していたり、レシピサイトやレシピ本にもたくさんのコラーゲン鍋レシピが掲載されたりしています。
コラーゲンとは、プルプルしたゼリー状のものだということは皆さんご存知かと思いますが、動物の骨、軟骨、皮膚、角膜などの結合組織を構成する主要なたんぱく質です。細胞と細胞の隙間に繊維や膜などの構造体を作って存在しています。

プロテイン オススメ

コラーゲンは美容にいいというイメージが強いと思います。実際に、コラーゲンは肌のたるみを改善し、美しい髪や爪を保つ効果があると言われています。だからといって、「コラーゲンを手っ取り早くサプリメントで摂ればいい」という考え方は間違っています。何故なら、乱れた食生活により、求めている効果の逆の結果が出てしまうかもしれないからです。

家畜伝染病予防法施行規則

どういうことかというと、まず、折角コラーゲンをサプリメントで摂取しても、揚げ物などの脂肪分の多い物を食べ過ぎているとコラーゲンが「糖化」という現象を起こしてしまうのです。糖化とは、体内のたんぱく質と食事により摂取した糖とが結びつき、それによって生成されたたんぱく質が体内に蓄積することです。これにより、体の老化、肌のシミやシワ、たるみなどを促進してしまうのです。

連続展示 アルパカ×ワタ 「アンデス高地に生きる 古代織物第3集」展 東京大学総合研究博物館

また、ビタミンCが不足していると、コラーゲンを体内で安定した状態で保つことができません。ビタミンCを多く含む食品と言えば、例えばピーマン、レモン、キウイフルーツ、モロヘイヤ、いちご、ブロッコリーなどが挙げられます。野菜や果物もしっかり摂らなければ美容効果は得られないのです。
コラーゲンを安易にサプリメントで摂ろうとせず、バランスのいい食事で摂るようにしましょう。