仕事でなんか悩んだ事ないわよっていう羨ましい彼女

学生時代から我が道を突き進むタイプの親友美和子は、ゲームクリエイターという仕事をしている。趣味がそのまま仕事になったようなものだが、仕事でなんか悩んだ事ないわよっていう羨ましい彼女は彼氏いない歴33年だ。大学の頃の友人は半分以上が結婚をしていて、結婚こそしていないが恋愛を楽しんでいる子がほとんどだったが、美和子は浮いた話が全くない。仕事の悩みは全くないと言い切る美和子の悩みといえば、恋愛したいのに恋愛できない彼女の様々なこだわりについてだ。

非自発的失業(離職)者のかたの、国民健康保険税が軽減されます|国分寺市

例えば私のように平凡なOLだと、自分のたいしたことのなさをきちんと理解して、自分に見合った男性を恋愛対象に据え置くと思うが、美和子の場合はなまじ仕事ができるから、ちょっとでもできない男、ちょっと足りない男だと好きになれないのだという。完璧な人間などどこにもいないし、仕事の悩みを持っているくらいが人間味があって丁度良いと思うのだが、彼女にはそれがわからない。仕事の悩みなんて甘えだ、自分で解決できなくちゃ男じゃないと本気で思っている。



もちろんそれは自分自身に向けても思っているので、常に限界に挑戦し続けているような彼女は、徹夜のし過ぎで会社で倒れるというようなことも一度や二度ではないのだ。

新卒採用

妥協を知らず許すということを知らない彼女なのに、本当は恋愛がしたいのだという。自分を恋焦がれさせてくれる男がどこかに居ないかと、自分の仕事が手につかないくらい夢中になれる人が居ないかと思っているのだという。長年彼女をみてきて知っているだけに、そんな男性が現れたら逆に美和子がどんなふうになるのか、なんとなく想像できるだけに怖い。